悠久の風(仮)

二次元好きが二次元のことについて語るだけのブログです

毎クール誰かしら異世界行ってるよね

皆さんこんばんは。KOUです!

最近「小説家になろう」の作品を読み漁ってました。

流石になろう系もそろそろ打ち止めな気もしているのですが、毎クール一定数アニメ化もしていますし、流行を知る意味も兼ねて、ちょっと前からなろう作品を研究していたんですよ。

 

因みに今期だと「転生したらスライムだった件」はアニメも見ています。

 

個人的には結構面白いなと思いました。やってること自体は、最近流行りの異世界に転生→初期の時点で最強ステータス→そして無双。という割りとなろう系ではよく見るやつなんですけど、スライムの主人公や仲間のモンスターのビジュアルが可愛くて、嫌味なく見れる作品だなという印象を受けました。

 

話は少しそれましたが、今更ながら、何故こんなに異世界転生モノが流行ってるのか、僕なりに意見をまとめてみました。

 

まず1つは書きやすさだと思います。

 

テンプレとして、主人公が中世ヨーロッパっぽい世界へ転生して、棚からぼた餅的にチート能力を手に入れ、その世界で無双。その結果、美少女ハーレムを形成してどんどん異世界で頭角を表していく、みたいな流れがなろう系のイメージとしてあると思います。

 

各作品それぞれ違いはあれど、やはりテーマとしてこれだけ分かりやすいテンプレがあれば、異世界転生作品が増えるのも納得かなという気がします。

 

2つ目は見やすさです。

 

水戸黄門と同じですね。読者も話の展開が大体わかっているので、お決まりの展開にしておけば、そこまで期待を裏切るようなことはありません。

 

そして最後に3つ目ですが、実は誰しもこれに近い妄想をした経験があるからなんじゃないかと思っています。

 

今まで書いたなろう系の特徴って、良い意見ばかりでもないんですよね。

 

なんの努力もせずに手に入れた力で活躍しても、チープに見えてしまうし、これだけお決まりの展開が増えては、いくら何でも飽きますよね?

 

だから、なろう作品って肌に合わない人もかなり多いんだと思います。

 

 

それでも、誰しも1度は非現実的な妄想ってしちゃいません?

 

 

クラスのヒロインを不良から守って恋愛展開になるとか、テスト前に学年で1位になる想像だけして結局勉強しないとか、学校にテロリストが侵入して、たまたま遅刻した自分が学校の危機を救うヒーローになるとか。大体それと一緒です。

 

いわゆる俺TUEEEEが好きな人って、自分の妄想に近い作品を見る事で、承認欲求を満たしてるんだと思います。

 

なんかこんな書き方だと、ただのdisりみたいになってしまいますけど、勿論そんなつもりではないですよ。笑

 

逆にこういった作品が合わない人は、これ系の妄想をしていた自分を忘れ去りたい、もしくは、もうそんな妄想は卒業した大人の方なんだと思います。

 

趣味は人それぞれですし、どっちがいいとかそんな話をするつもりはないですけど、なろう系が流行ってる理由って、何だかんだ主人公に感情移入しやすくて、且つ楽に活躍できるからなんじゃないでしょうか。

 

妄想の自分って大体辛い努力までは考えなかったり、必要だとわかっても、結果努力を実行まで移さないなんてのは、人間ならよくあることですからね。

 

 

さて、今回はこんな感じで僕なりに現代の流行について考えてみたのですが、如何だったでしょうか?

 

あくまでにわかオタク個人の意見です。なろう作品の研究という、暇な大学生の頂点でなくては出来ない経験をしてしまったので、このまま無駄にするのも勿体ないし、せっかくなのでブログのネタにしてみました。

 

ここまで読んでくれた方いましたら本当にありがとうございましたm(_ _)m

 

ちなみに、僕がなろう小説を読んでみてのオススメは

異世界迷宮の最深部を目指そう』
『幻想再起のアリュージョニスト』
『用務員さんは勇者じゃありませんので』

の3つです。

興味のある方は是非読んでみて下さい。

 

それでは!