悠久の風(仮)

二次元好きが二次元のことについて語るだけのブログです

WONDERFULSTORIES

皆さんこんばんは。KOUです!

6/9、10の2日間で ラブライブ!サンシャイン!! Aqours 3rd LoveLive! Tour 〜WONDERFUL STORIES~」の埼玉公演が開催されました!


f:id:senngokunijijidai:20180611205855j:image

自分は初日LV、2日目は現地参戦の参加となりました。

 

去年の2ndツアーは、千秋楽の埼玉公演に参加したのですが、今年は埼玉がツアーの1発目ということで、またこの場所に帰ってくる事が出来ました。

 

今回はそのLIVEの感想を書いていこうと思うのですが、まあ言わずもがな、素晴らしいLIVEでしたよ‥。

 

今回のLIVEを見に行った方は、恐らく沢山の感想を抱いたのではないかと思います。

 

歌が良かったな。ダンスがカッコよかったな。メンバーが可愛かったな。皆で騒いで楽しかったな。

 

自分も全てを文字で表そうと思ったら、何万字あっても足りない位想いが溢れて来ました。

 

その中でも1番印象に残った点を挙げるとするならば、キャストの方々が、キャラクターの代わりとなってパフォーマンスを行っている点だと思います。

 

はい、何言ってんのこいつ?って感じですよね。三次元のLIVEなんだから、二次元のキャラが踊らないのは当たり前やろ。

まあ至極当然な指摘だと思います。

 

 

 

ここから先は、若輩ラブライバーである自分が、個人的に感じた事を書いていきたいと思います。もしかしたら、とんでもなく的外れな事を書いてしまうかも知れませんが、興味のある方がいましたら是非読んで頂けたら嬉しいです。

また多少のネタバレを含みますので、ご了承下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨今、特にアイドル作品に多く見受けられる、キャラクターを担当する声優さんが、アニメという枠を飛び越え、キャラクターの代わりとなってパフォーマンスをするといった機会が増えてきていますよね。

こうした展開は、自分を含め、多くのファンの方に喜ばれている事ですし、今では、コンテンツを支えていく上でも、大きな役割を担っていると思います。

 

二次元の人物は、多くのスタッフさん達の試行錯誤の上に出来た設定、キャラクターデザイン等があり、そこに声優さんの声がついて完成するものです。基本的に声優さんは、声をあてる事がメインのお仕事になっていると思うので、その見た目は必ずしもキャラクターと近いものとは限りません。

声優さんが、既にビジュアルが先行しているキャラクターの代わりとなって舞台に上がるというのは、とても大変な事なんだろうなと思います。

だからこそ、今では主流となっている、キャストの方によるLIVEパフォーマンスというのも、実は、かなり特殊な楽しみ方なのではないかと感じていました。

 

 

 

さて、話は3rdツアーに戻ります。

先程も書きましたが、今回はアニメ2期に沿ったコンセプトとなっていたため、今まで以上にキャストの方は、キャラクターとのリンクが求められていた様に感じました。

「MIRACLE WAVE」で千歌ちゃんのバク転を伊波杏樹さんが挑戦した事。成功した後のスクリーンに映し出されたメンバーのカメラワーク。「Awaken the power」「Saint Aqours Snow」の11人のパフォーマンス。WATER BLUE NEW WORLD」の演出など。

今までも、アニメーションが先に存在する曲は、カメラワークや振り付けは、そちらに合わせていましたが、セットリストの順番など、今回は特に『アニメとキャストのリンク』。そしてこのLIVEが自体が、1つの物語になるように作られているなと感じました。

 

今回のLIVEで自分は、今まで以上に『18人』でのLIVEというの事の意味を感じる事が出来たと思っています。

 

というか、全然18人どころじゃないですよね。衣装やカメラや警備をしていた全てのスタッフさんがいて、若干手前味噌ではありますが、ファンの方の応援だってやっぱり無いと成り立ちません。勿論自分のような奴が1人2人いなくたって何の影響も無いこと位はわかっています。

ただ、ファンの方の中には、今回のアンコールをAqoursに変えて呼びかけようといった方がいたみたいです。結果、会場に鳴り響いたAqoursコールを、自分は今でも忘れることが出来ません。

また、今回は会う機会に恵まれませんでしたが、Twitterを通じて知り合った方から、エンカのお誘いを頂いたり、自分の席の近くの方々が、凄く暖かい気配りをしてくれたお陰で、LIVEのパフォーマンス以外の部分でも、非常に気持ちよく楽しむ事ができました。

こうした人との繋がりだって、イベントに行かないとなかなか味わう事のできない物ですよね。

 

今回はそういった大切なこと。そして何よりも、舞台に立つのはキャストの方だけど、そのパフォーマンスの中には、確かにアニメのAqoursのメンバーが存在するということを、今更ながらと言いますか、改めてと言いますか、とにかく再確認する事が出来ました。

 

本当にAqoursの皆さんには、これからも、アニメの世界、そして現実の世界でも突っ走って行って欲しいなと思います!

 

 

さて、今回は僕のオタクとしての想いをぶつけてみました。

まあ文は長いし、決して面白い物では無かったですよね。笑

 

それでも今回はどうしても書きたい内容だったので色々と書いてみました。

 

もし、ここまで読んでくれた方がいましたら本当にありがとうございましたm(_ _)m

 

最後に今回の内容とは全く関係のない、池袋で食べたメチャクチャ美味しいカレー屋さんの画像だけ載せときます。笑
f:id:senngokunijijidai:20180611205804j:image

やっぱり旅のブログは食べ物の画像載せないとね♪

 

それでは!