悠久の風(仮)

二次元好きが二次元のことについて語るだけのブログです

歳上の未亡人?最高じゃないか‼

皆さんこんばんは。KOUです!

最近今更ながら電子書籍にハマっておりまして、ついこの間「Kindle」で漫画を大量に購入してしまいました。 

 

www.amazon.co.jp

 

漫画は紙でしか読んでこなかったアナログ派の人間でしたが、いざ使ってみると非常にいいですね。今の時代、欲しいと思った漫画がすぐその場で読めるなんて、便利になったものだなと改めて感じました。

その中から今回は、めぞん一刻の感想を書いていこうと思います!

毎回の事ですが、今回も自分が良かったと思うシーンの感想を、只々書き殴っていくだけになるので、未読の人からすると、何のこっちゃな文になってしまいますが、あくまでこれは自分の自己満ブログなので、ご了承頂けたらなと思います。笑

さて、この作品を初めて読んだのは、小学校低学年の頃だったのですが、当時は、

「なんだか大人な話だな〜」

くらいの、至極子供らしい印象しかなかった訳ですよ、改めて読んでみると素晴らしいの一言に付きますね。

これは舞台が1980年代というのもあると思うのですが、例えば、今なら携帯でサッと連絡すれば解決するような、すれ違いのシーンがいくつもあるんですよ。

こういう時のモヤモヤ感は、時代設定が最近の話だと表現できないですよね。

平成生まれのクソガキが言うのも何ですが、ノスタルジーを感じずにはいられませんでした。

勿論昔の作品が良いとか悪いとか、そんな話をするつもりはありませんが、やっぱり昔の作品には、昔の作品にしかない良さが確かにあるんですよね。

後はなんといっても主人公、五代裕作を始め、キャラクターの魅力です。

当時は、「何でこの主人公こんなアホの癖にモテるんや?」とか思ってたんですけど、ホント死んでとうぞって感じです。 

いいかい?小学生の俺。お前は将来五代と同じく、大学受験に失敗して浪人するからな。

しかも、実家から通える大学で、バイト以外は家から出ないクソみたいな生活だから、管理人さんどころか、家族以外は殆ど誰とも話さない、彼女どころか友達すらいない、クソオタクになってるかな。覚悟しとけよオラ!

はい、今の自分と比較すると一目瞭然ですね。

親元離れて、大学にも友達がいて、女子からモテモテの五代さんマジかっけえぇ!!!

運から見放されたり、意思が弱かったりするけど、そこら辺も含めていい男ですよね。

それから一刻館のメンツも、いい味出してるんですよ。一見、人の不幸を楽しむは、人にたかるはのクズ集団っぽいんですけど、管理似さんのメンへ‥、乙女心が空回りして、読者のヘイトが溜まった所で、登場キャラがしっかり管理人さんを貶してくれるんですよ。そこの塩梅が絶妙なんですよね。 

それから主人公の恋のライバル三鷹さん!

何となく二枚目キャラのいけ好かない感じなんですけど、マジのイケメンだよこの人!

最後の最後で、結局別の女の人と結ばれる訳ですが、そこがまあ何というか、若干ギャグ要素っぽい感じがありつつも、ちょっと切ないんですよね。そんな中しっかり身を引いて、しかも最終的に選んだ人と幸せになる。この辺りの後味の良さというのでしょうか?

めぞん一刻」のキャラは最後に爽やかな終わり方で締めるのもいいんですよね〜。

それから1番印象に残ったのは最終巻ですね。

最終巻のPART8「約束」では、五代と管理人さんは結ばれて、もう結婚を決める勢い何ですけど、管理人さんのお父さんだけは反対するんですよ。

娘の結婚を反対する親の気持ちは、自分にはよくわかりませんが、この話のお父さんの気持ちだけは痛いほど伝わってきました。

だって娘の不幸になる姿なんかみたくないじゃないですか?

管理人さんは、結婚してすぐに前の旦那さんを亡くしています。

こんな気持ちにさせるくらいならあの時もっと反対すべきだった‥。

五代もその気持ちには気づいているんですよね。

お父さんにとって管理人さんはいつまでも小さな女の子のままなんです。

それを承知で五代は気持ちを伝えます。

「結婚して下さい‥。泣かせるようなことは絶対しません。残りの人生をおれに‥ください。」

それに対する返答はこうでした

「ひとつだけ、約束‥守って‥。」

「お願い‥1日でいいから、あたしより長生きして‥」

もうここで僕の涙腺は崩壊しました。最終巻まで読んだ人ならきっとこの気持ちはわかるはずです。とにかく管理人さん、今度こそ幸せになってね。自然とそんな気持ちになっていくと思います。

これを聞いてお父さんも結婚を認めるわけですよ。 

このシーンはこの作品の中では勿論、全ラブコメの中でも屈指の名シーンなのでは無いかなと思います。

 

本当に見終わった後の喪失感はヤバかったですが、改めてやっぱり名作だなと感じました。

これは、読んだあとに知ったのですが、「マンガワン」ってアプリで無料で見られるっぽいウワサを聞いたので、見た事ないよって人は是非見てくれたらなと思います。

 

 

それでは!