悠久の風(仮)

二次元好きが二次元のことについて語るだけのブログです

Aqours クラブ活動 LIVE & FAN MEETING 〜 Landing action Yeah!! 〜 【感想】

皆さんこんばんは。KOUです!

さて、前回のブログの続きです。今回はいよいよファンミの内容についてまとめていこうと思います。

まず会場に入って1番びっくりしたのが、席でした。チケットにアリーナ席とあったのですが、蓋を開けてみたらなんとアリーナの1番前。しかもど真ん中のブロックということで、殆どスクリーンを見なくても、ステージの様子をはっきりと見ることができました。こんないい席は今後無いんじゃないかって位最高の席でした。

千葉のファンミのMCは逢田梨香子さんでした。今回のファンミーティングツアーは会場によってMCが違うんですよね。毎回違った空気感で楽しむことができるのは、ツアーならではかなと思います。

オープニングは今回のファンミのテーマ曲である「Landing action Yeah!!」から始まり、そこからトークパートという感じでした。

トークパートは

  1. 自己紹介
  2. お便り
  3. メンバーのいいところを当てるゲーム(すみません、タイトルはうろ覚え)
  4. 利きハグ選手権

特に印象に残っているのは、お便りコーナーで、ラブライブサンシャインをきっかけに付き合う事ができた。というお便りがあって、とても心が癒やされました。好きな作品から出会いが生まれるなんて、大変素晴らしいことですよね〜。しかも、そのお便りには、都内でデートに行くなら何処がいいか?という質問もあって、Aqoursメンバーがデートに行くという体でそれぞれメンバーが実践してくれました。1番面白かったのは、高槻かなこさんがデートに行くならセガコラボカフェと言ったところですね。しっかり担当のキャラを宣伝していらっしゃる‥。ファンミ前に行った僕らには大変タイムリーな話題でした。

その後も、高槻さんはしっかりと、3月10日発売の「マルのヨンコマ」の宣伝もしていました笑

 

 どうやら会場には、作画を担当されている竹之内トシオ先生もいらっしゃっていたようで、このお二人の絡みも大変面白かったです。まさかのトシオ呼び‥笑。

次にコーナータイトルを忘れてしまったのですが、メンバーから1人選んで、その人のいい所を言うゲーム?では、降幡愛さんが選ばれていました。皆さんそれぞれ降幡さんの良いところを言っていたのですが、笑いあり、涙あり(ガチ)の大盛り上がりのコーナーでした。ルビィちゃんを演じる上での熱い想いも聞くことができ、とても嬉しかったです。

そして最後は利きハグ選手権!このコーナーは、以前大阪のLVを見に行った時もあったコーナーだったので覚えていました。ただ生で見ると、なんというか‥うん。目隠しをしたメンバーがハグをして、指定されたメンバーを当てるという、至ってシンプルなゲームなのですが、やっぱりこう‥。若い女性が身体をペタペタ触られる姿を間近で見るのは‥。言いようのないドキドキ感がありました‥。いや、これは決していやらしい意味ではありませんよ。勿論あの時の僕は、一ファンとして、混じりけのない純粋な気持ちで見ていました。恐らくアックマンのアクマイト光線すら効くことは無かったでしょう‥。

はい、すみません。ついつい気持ち悪いコメントをしてしまいましたm(_ _)m

まあ、真面目な話ハグしただけでもメンバーがわかるのは、素直に凄いなって印象は受けました。今回このコーナーが1番盛り上がったと言っても過言ではなかったと思います。

そして、この後はいよいよLIVEパート!セットリストは

  1. 未来の僕らは知ってるよ(Tv-size)
  2. 恋になりたいAQUARIUM
  3. Daydream Warrior
  4. スリリング・ワンウェイ
  5. ハミングフレンド
  6. 待ってて愛のうた
  7. 青空Jumping Heart
  8. Landing action Yeah!!
  9. 勇気はどこに?君の胸に!

となっていました。

待ってて愛のうたは、会場にいる皆で多数決で決める方式でした。ちなみに他の選択肢は

Step! ZERO to ONE、Aquors☆HEROES、届かない星だとしてもでした。この4曲は本当に僅差でした。ファンの皆で曲を決めるというのも、ファンミならではで良かったと思います。

そして1番ヤバかったのは最後の勇気はどこに?君の胸に!の演出でしたね。この曲はファンの皆も一緒に歌う曲だったのですが、曲の最後に、第11話の全校生徒の合唱しているシーンがスクリーンに流れて、会場とアニメのシーンをシンクロさせる演出があったんですよ。この演出はずるいですよね‥。周りでは泣いてる人もチラホラいて、かく言う自分も鳥肌が止まりませんでした。あの時心の中では、完全に浦の星の生徒になってキャンプファイヤーを眺めていました。

LIVEパートが終わり、イベントが終了した後は、Aqoursの皆さんが帰りにお見送りをしてくれました。凄い数の人だったんで、割ともみくちゃにされながら会場を後にした僕でしたが、それでもAqoursのメンバーにお見送りして頂いて、最高の思い出になりました!

その後は、夜行バスに乗ってすぐさま帰宅。正直帰って3時間後にバイト入れて、しかも2日間で22時間働いた後は「何考えてんだ俺?」とも思いましたが、イベント後の有り余るパッションで乗り切りきってやりましたよ。やってみたら意外とハッピー見つかるもんさ(白目)

さて割と長い文章になってしまいましたが、今回はこんな感じで締めたいと思います。今後もイベントやら劇場版やら楽しみですね!

それでは!

 
f:id:senngokunijijidai:20180313235742j:image